アミノ酸プライムミックス研究会

新型素材
「アミノ酸プライムミックス」About

疲労感を軽くして作業効率を改善!
「ヒスチジン&ビタミンB6ミックス」

アミノ酸「ヒスチジン」を補うことで、睡眠不足やストレスで減少する脳内ヒスタミンを合成し、疲労感を軽減したり、単純な記憶や判断を必要とする作業効率が改善します。

アミノ酸プライムミックスAmino HB
ヒスタミン摂取から疲労感軽減まで

エビデンス

試験方法

疲労度が高く、睡眠に不満を感じている中高年男性20名にヒスチジン1.65g/日×14日間(朝食後摂取)を摂取させ、アンケート調査により疲労感や頭の冴え等について、パソコン画面上での簡単なトランプゲームにより作業効率について調査しました。

疲労感軽減(POMS *)

試験結果

ヒスチジン摂取後は、摂取前と比べて疲労感の軽減が確認されました。

*POMS(profile of mood states):
気分尺度質問票。企業のメンタルヘルスケア、心療内科カウンセリング、スポーツ選手の身体的疲労度チェック等に使用される。

2週間摂取前後の気分(5尺度)の変化

疲労にともなう感覚の緩和(VAS **)

試験結果

ヒスチジン摂取で、特に頭の冴えや注意力向上の実感が確認されました。

**VAS(Visual analogue scale):
10cm線分上に人の「感覚」を記す測定法。覚醒感や注意力、集中力などの脳の働きの実感を測定。

ヒスチジン摂取で、頭の冴えや注意力が向上!

作業効率の向上(Cog Health)
※簡単な記憶や判断を必要とする作業効率の向上

試験結果

ヒスチジン摂取後は、摂取しなかった時と比べて正解率が高く、作業パフォーマンスUPが確認されました。
ヒスチジン摂取で正解率高く、作業パフォーマンス向上!

試験結果

ヒスチジン摂取後は、摂取しなかった時と比べて反応時間が短く、特に一番頭を使う問題では、有意差が確認されました。
ヒスチジン摂取で、反応時間が短い!

上記グラフ4点の出典:Sasahara I et al.(2005). Physiology & Behavior.

PAGE TOP